ルー・デュモン・ニュイ・サン・ジョルジュ 2002

スポンサーリンク
  • 2015/5/24
  • 生産国:フランス
  • 地域 :ブルゴーニュ
  • 年代 :2002
  • 造り手:ルー・デュモン(仲田晃司氏)
  • タイプ:赤
  • 品種 :ピノノワール100%
  • 内容量:750ml

lou-dumont-nuit-saint-george-2002

テイスティングコメント

縁がややオレンジがかっているが意外に濃いルビー色。小梅のシソ漬けやドライデーツの香り、スパイス、なめし皮、タバコなどの複雑な香りもあり、熟成に由来する紅茶やキノコのニュアンスも感じる。味わいは滑らかで、上質な果実味と穏やかな酸味を感じ、キメの細かいシルキーなタンニンが口中に広がり、非常にバランスがよい。今一番の飲み頃を迎えている。

安心していただける仲田晃司氏・ルー・デュモンの村名ニュイ・サン・ジョルジュ13年もの。本拠地はジュヴレ・シャンベルタンだが、ニュイ・サン・ジョルジュも素晴らしい。村名ジュヴレ・シャンベルタンに比べると、土の香りが穏やかで、代わりに赤いフルーツの風味が強い印象。村名で13年熟成は飲み頃を過ぎている危惧もあったが意外に頑丈で、よい熟成具合。もう数年熟成させても違った味わいで楽しめる。

「ルー・デュモン・ニュイ・サン・ジョルジュ」と相性の良い料理の提案

  • ドライエイジングビーフのきのこソース
  • ドライデーツのベーコン巻き、バルサミコソース
  • ラム肉のソテー 梅肉ソース
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る