【安い!】パーカーポイント90点以上で3000円以下の赤ワイン7選

スポンサーリンク

世界で最も著名なワイン評論家、ロバート・パーカー氏。ただ濃いワインが好きなだけのオッサンという説もありますが、自分の中で揺るがないモノサシを持っているのは立派なもの。フルボディワイン好きには一定の参考にはなるでしょう。ここでは、ロバート・パーカーがワイン・アドヴォケイト誌で90点以上をつけて、且つ現時点の実勢価格がそこそこお手頃な3000円未満赤ワインをご紹介します。これらの中には既に当初から1000円近く値上がり、または入手困難になってしまったものもあります。ご購入はお早めにどうぞ。

スポンサーリンク



【91点】トルブレック・ウッドカッターズ・シラーズ


樽熟12ヶ月のシラーズ。フランス(ローヌ)ワインに触発されて醸造家に転身したというトルブレック氏。その影響もあってか樽香はオーストラリアにしてはやや控えめでエレガントな印象。ろ過はしていませんが野暮ったくはならず、シラーズの濃厚な果実味に酸もほどよく伴い、複雑でコクのある味わいです。

トルブレック・ウッドカッターズ・シラーズ:2,800円前後
楽天市場Amazon

【90点】ボデガス・アルト・アルマンソーラ・エステ


アルト・アルマンソーラは、近年さまざまな賞を受賞する大注目の造り手。この「エステ」は、モナストレルやテンプラニーリョ他計6品種をブレンドするという非常に個性的なワインです。ワイナリーのモットーは”The best wine at the best price”で、その通り現在は非常に安く入手可能。ずっとこのくらいの価格であってほしいものですね!(追記:現在入手困難)

ボデガス・アルト・アルマンソーラ・エステ:1,200円前後
楽天市場Amazon

【90点】パナロス/ボデガス・オリバーレス


ステンレスタンク熟成のモナストレル。スペインの赤で樽を使わないのは非常に珍しいですが、オリバーレスは自然派で樽を使わないのがポリシー。モナストレルらしい野性味に溢れたスパイシーで力強い風味をピュアに味わうのは非常に新鮮で、モナストレルの魅力を再発見できるでしょう。パーカーが樽無し赤にこれだけ高評価を与えたという点でも注目に値します。(追記:現在入手困難)

パナロス/ボデガス・オリバーレス:1,500円前後
楽天市場Amazon

【91点】アラミス・ヴィンヤーズ ブラック・ラベル カベルネ・ソーヴィニヨン


まず2000円ちょっという値段で、18ヶ月も樽熟成させるのが凄いです(しかも35~40%新樽のアメリカンオーク)。それでいて樽香に負けない凝縮した果実味があり、樽香と溶け合い、カシス、ブラックベリー、コーヒー、チョコレート、シナモン、クローヴなどの魅惑的な香りを奏でます。カベルネソーヴィニヨン以外ではシラーズも90超えの高評価。(追記:現在入手困難)

アラミス・ヴィンヤーズ ブラック・ラベル カベルネ・ソーヴィニヨン:2,400円前後
楽天市場Amazon

クリオス・デ・スサーナ・バルボ・カベルネ・ソーヴィニョン


クリオスだけで、これ以下3つのキュヴェがランクイン。ドミニオ・デル・プラタは、近年さまざまな賞荒らしをしている注目の造り手です。カベルネソーヴィニヨンはフレンチオーク50%、アメリカンオーク50%で9ヶ月間の樽熟成。果実味とタンニンがしっかりしているのは期待通りですが、アルゼンチンしては酸がしっかり乗っていて全体的な骨格が非常にしっかりしています。(追記:現在入手困難)

クリオス・デ・スサーナ・バルボ・カベルネ・ソーヴィニョン:1,600円前後
楽天市場Amazon

クリオス・デ・スサーナ・バルボ・マルベック


アルゼンチンを代表する品種マルベックを、フレンチオーク70%、アメリカンオーク30%で9ヶ月間樽熟成。ドミニオ・デル・プラタは、このマルベックで最も多くの賞を受賞しています。味わいはよく熟した赤~黒系果実が前面に出てきて、酸、タンニン、樽香はカベルネソーヴィニヨンに比べると控えめ。甘やかなふくよかさが余韻に残ります。(追記:現在入手困難)

クリオス・デ・スサーナ・バルボ・マルベック:1,700円前後
楽天市場Amazon

クリオス・デ・スサーナ・バルボ・シラー&ボナルダ


シラーとボナルダが50%ずつという、アルゼンチン以外ではあまり見られないブレンド。ボディ自体は上のマルベックと同程度の重さ(=やや軽め)ですが、酸がより多く乗っていて果実感がイキイキしており、黒コショウのスパイス感が絶妙なアクセントになっています。果実味、酸、スパイス感がほどよいバランスで、これら3品種の中では一番日々の食事に合わせやすいでしょう。

クリオス・デ・スサーナ・バルボ・シラー&ボナルダ:1,700円前後
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京在住のソムリエ&フードコーディネーター
■ 姉妹サイト:ワインと料理のマリアージュ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る