ラベルがお洒落!ジャケ買いワイン15選

スポンサーリンク

ホームパーティーの手土産やワイン持ち寄りのパーティーなどに持参するワインはセンスが問われます。そこはラベルがお洒落なのも一つのポイント。ここでは管理人が選ぶ、ラベル(=ジャケット)やボトルのデザインがクリエイティブでお洒落と思えるワインをご紹介します。管理人の経験上、ラベルがお洒落なワインは総じて中身もレベルが高いです。きっとワインの中身に自信があって初めてラベルに気を配ることができるのだと思います。ここでご紹介しているワインはどれも人気なので売り切れのものもあるかと思いますが、そのときは同じ生産者の別銘柄を探してみてください。ラベルがお洒落な生産者はたいていどの銘柄のデザインもお洒落です。

スポンサーリンク



ビセンテ・ガンディア “Whatever It Takes”

「Whatever It Takes(=何としてでも)」は世界の貧しい子供たちのケアや環境保全のためのチャリティー活動。この運動に賛同したビセンテ・ガンディア社が2014年に、ジョージークルーニ等錚々たる海外セレブがデザインした6種類のアートボトルのワインを発表しました。各ボトルは30分という制限時間の中でデザインされたそうです。さすがに残念ながらもうほとんど売り切れですが、もし見つけたら即買い!ちなみに売上の10%は活動に寄付されます。

パスカル・シモニュッティ・オン・サン・バ・レ・クイユ

ビオロジック栽培と、一部ビオディナミ農法で栽培されたぶどうで造る自然派ワイン。「オン・サン・バ・レ・クイユ(ON S’EN BAT LES COUILLES)」は「興味ねぇ」「知ったこっちゃねぇ」などの意味で、これはパンクロックの大ファンであるオーナーのパスカルがイギリスのパンクバンド、セックス・ピストルズのアルバム「Never Mind the Bollocks(邦題「勝手にしやがれ」)のタイトルをフランス語にしたもの。黄色・ピンクの色づかいやロゴなど、これはまさにアルバムのジャケットのパロディ!残念ながら極めて入手困難のワイン。

チャールズ・スミス・イヴ・シャルドネ

こちらもロックつながり。オーストラリアのワイナリー、チャールズ・スミス・ワインズのオーナー、チャールズ・スミスは、アメリカ生まれの元ロックンローラー。かじられたリンゴがの絵が印象的なシャルドネは、まさに熟したリンゴの蜜の香りがするワイン。その他の銘柄のどのワインのラベルもロックを感じさせます。

アレピアード・コレクション

アレピアードはポルトガルの新星ワイナリー。ポルトガルのワインにはポルトガルの土着ぶどうが使われることが多いですが、アレピアードは積極的に国際品種を使用して優れたワインを造り出しています。ワイナリー名の「アレピアード」はポルトガルの野鳥の名前でもあり、このラベルのデザインは、その野鳥アレピアードがくちばしをつつき合っている(キスをしている)様子をモチーフにしたものです。

ペリエ・ジュエ・ベルエポック

ペリエ・ジュエは、甘口が主流だった18世紀のシャンパーニュで辛口を生み出した先駆け。その後英国のエリザベス女王に愛され地位を不動のものにしました。ボトルのデザインはアールヌーボーの巨匠エミール・ガレが描いたアネモネ。箱も美しく、グラスとのセットなどもあるので、ギフトにもおすすめです。

テタンジェ・コレクション

もう一つシャンパーニュをご紹介。テタンジェは、優れた年にしか造られないいわゆるヴィンテージもののボトルデザインを、1978年から一流アーティストに依頼しています。ムートンロートシルトにあやかっているように思えますが、ボトル全体のデザインという観点では世界の先駆けと言えます。”テタンジェのヴィンテージもの(ミレジム)”というだけでも希少価値があるのに、こんなデザインまでするのは実にズルい商売の上手さ!

ローラン・ルブレ・サ・セ・ボン

ローラン・ルブレはロワール地方の自然派で、SO2不使用&ノンフィルター。このワインはガメイ100%の赤で、ほんのり微発泡がブドウのフレッシュ感を際立たせます。「サ・セ・ボン(Ca C’Est Bon)」は「これ、旨いぜ!」という意味。イラストとポップなロゴに味があります。

シャトー・ラ・カルドンヌ

シャトー・ラ・カルドンヌはボルドーのクリュ・ブリュジョワ級(いわゆる61の格付けシャトーに次ぐランク)の実力シャトー。メルロとカベルネソーヴィニヨンが約半々で、力強さと柔らかさかほどよいバランスです。ハートマークのデザインはカロンセギュールを意識しているように思えますが、カロンセギュールに比べると圧倒的にお求めやすい価格なのが嬉しいところ。

バーン・コテージ・ピノノワール

バーン・コテージは2009年が初ヴィンテージというニュージーランドの新進ワイナリーですが、オーナーのソバージュ家は、ドイツの老舗、コーラー・ルプレヒトのオーナーでもあります。ラベルに描かれている蛇と百合は、ドイツの文豪ゲーテの「The Green Snake and the Beautiful Lily」がモチーフ。この作品では”人間の理想とそれに向かっての挑戦”が描かれていますが、バーン・コテージは彼らが理想とする”ビオディナミ農法”をそれに重ね合わせています。

レ・カプリアード・ピエージュ・ア・フィーユ

レ・カプリアードのオーナー兼醸造長のパスカル・ポテールは、ワインを学校で勉強したことはなく、ロワールのさまざまなワイナリーを渡り歩き叩き上げた実力者。そのワインは「メトー・ド・アンセストラル」と呼ばれる古典的な製法で造られる弱発泡ワインで、優しく滋味深い味わいです。主力ワインの「ピエージュ・ア・フィーユ(piège à filles)」は「女の子への罠」という意味。女性でもついつい飲みすぎてしまう美味しいワイン、という意味が込められており、ラベルに描かれている女性もそれを現しています。

フィリップ・ジャンボン・ユンヌ・トランシュ

フィリップ・ジャンボンは、かつて一流レストランのソムリエとして偉大なワインを知りつくしながら、ある時味わった自然派ワインの美味しさに心打たれ、ボジョレーで自然派ワインの生産者に転身した人物。ワイン名の「ユンヌ・トランシュ」は「薄切り一枚」の意味で、彼自身の名前の「ジャンボン」の後に続けて読むと「ハムの薄切り一枚」の意味になるのが面白いところ。まさにボジョレー名物のハムやソーセージなど豚の加工肉に合わせるのにピッタリのワインですが、そのネーミングにはワインを名前や格付けで判断する世間への挑戦や皮肉の意味も込められています。

フランシス・コッポラ ジンファンデル “ディレクターズ・カット”

映画監督フランシス・コッポラ氏のワイン造りは1975年に始まります。そのワイン造りは決してセレブの片手間などではなく極めて真剣で、造られるワインも非常に高品質です。「ディレクターズ・カット」のラベルは、映画の起源とも言える、回転のぞき絵装置「ゾーエトロープ」にセットされる連続する絵がモチーフ。そこには、ワインも映画もカリフォルニアが発信したアートであると言う想いが込められています。(関連記事

パラシオス・レモンド・ラ・ベンディミア

スペインワイン界のレジェンド、いわゆる四人組の一人アルバロ・パラシオスが手伝う実家のワイナリーがこのパラシオス・レモンド。「ラ・ベンディミア」は、2000円弱という価格が信じられない、コスパの高すぎる素晴らしいワインです。「ベンディミア(vendimia)」は「(ブドウの)収穫」の意味。ラベルに描かれた木はいかにも現代アートという感じで前衛的。

ブルーナン

ブルーナンは1789年創業のドイツの老舗のビッグメーカー。一時期評判を落とした時期もありましたが、1995年にラングート社が買収してからはブランド戦略と共に甘さを控えめにするなど味わいもマイナーチェンジし、その優しい甘口は現在世界中で愛飲されています。ボトルデザインも、昔はその名の通り「ナン(nun)=修道女」を前面に出したデザインだったのですが、何度も変更され、現在はかなりスタイリッシュなものになっています。

シャトー・イガイタカハ

カリフォルニアには「クラッシュパッド」と呼ばれる、ワイン好きな個人のワイン造りをサポートする”コミュニティワイナリー”があります。これもそのクラッシュパッドで造られたものの一つですが、錚々たるスタッフが手掛けた凄いワインです。家紋が印象的なデザインですが、これは「丸に違い鷹の羽(まるにちがいたかのは)」というオーナーの杉本氏の家紋。「チガイ(chigai)」の「ch」を分離して「シャトー」+「イガイ」にしてしまったネーミングがユニーク。

スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る