スイーツに合うおすすめワイン7選(カジュアル編)

スポンサーリンク

【関連記事】スイーツに合うおすすめワイン5選(リッチ編)
実はとても相性が良いワインとスイーツ。スイーツの甘さと個性を引き立てるおすすめワインをご紹介します。ここでは、幅広いスイーツと合いやすいスパークリングの甘口、且つお求めやすい実勢価格約2000円以下のものに限定しました(※順序は価格順)。全体的に、アルコール度数低めで、さっぱり系のスイーツに合うラインナップになっています。

スポンサーリンク



レ・グロッテ・レッジアーノ ランブルスコ ロッソ ドルチェ

lambrusco_grotte

  • タイプ:赤・弱発泡
  • 甘さ:中甘口
  • 度数:8.5度
  • 価格:1000円前後
  • おすすめマリアージュ:ベリー系のフルーツを使ったスイーツ、ドライフルーツ

「ランブルスコ」は、赤のスパークリングワインです。赤のスパークリングは見慣れない人にとっては珍しいかもしれませんが、ハマる人の多いワインです。イチゴ、ラズベリー、バラなどの華やかな香りがあって、豊かな果実味とほんのりとした渋みがありながらも後味は爽やか。軽快な咽越しで、気軽にゴクゴク飲めます。値段が安いのも魅力です。タイプは中甘口~中辛口まであり、「ドルチェ」はいわゆる「中甘口」になります。中辛口(セッコ)でも、ほんのり甘いので、お好みによって使い分けてください。

ル・セリエ・ド・ボール シードル・フェルミエ ドゥミ・セック

cidre_cellier

  • タイプ:白・微発泡
  • 甘さ:中甘口
  • 度数:4度
  • 価格:1200円前後
  • おすすめマリアージュ:リンゴを使ったスイーツ、シナモン風味のスイーツ全般

「シードル」はリンゴから作った発泡酒です。フランスのリンゴは日本のリンゴより酸味があるので、「中甘口」という甘さのレベルにしては爽やかに感じると思います。「セリエ・ド・ボール」は農薬も酸化防止剤も使わないオーガニック製法にこだわりのある作り手で、リンゴの風味を濃く感じます。アルコール度数が4度とビール並みに低いので、お酒の弱い方にもおすすめです。やはりなんといっても、アップルパイやタルトタタンなどリンゴを使ったスイーツとの相性は最高!シナモンのニュアンスもあるので、シナモン風味のその他のスイーツと合わせるのも面白いでしょう。

モランド・アスティ・スプマンテ

asti_morando

  • タイプ:白・発泡
  • 甘さ:中甘口
  • 度数:7.5度
  • 価格:1300円前後
  • おすすめマリーアジュ:フルーツ系(特にマスカット、メロン)のスイーツ全般、パンナコッタ、チーズケーキ

「アスティ・スプマンテ」はイタリア・ピエモンテ地方のアスティ産のスパークリングワインです。マスカットの香りが特徴的で、他にもメロン、パイナップル、桃、リンゴなどの豊かな甘い香りがあります。味わいはフルーティーで飲み口はすっきりと爽やか、女性人気の高いワインの一つです。「モランド」は「ワイン王国」で絶賛されたこともあり、コスパが高いことで知られていますが、他のアスティ・スプマンテもたいてい外れはなく、安心して飲めます。フルーツ全般と合いますが、特に上記のワインの香りと共通するフルーツと合わせるとよいでしょう。

モンサラ・カヴァ・セミセック

cava_montsarra

  • タイプ:白・発泡
  • 甘さ:中甘口
  • 度数:11.4度
  • 価格:1400円前後
  • おすすめマリーアジュ:フルーツタルト、ショートケーキ、チーズケーキ、マカロン、フルーツのコンポート

「カヴァ」とは、スペインのバルセロナを中心としたカタルーニャ地方で作られるスパークリングワインです。シャンパンと同じ製法なのに、こんなにリーズナブルなのはありがたい限りですね。辛口もありますが、やはりスイーツには是非甘口を合わせたいもの。レモン、青リンゴ、洋梨、白い花などの華やかな香りがあり、豊かな果実味に溶け込んだ甘味の中にほどよい酸味があるバランスがよいワインで、幅広いスイーツに合います。

クラノオト ナイアガラ

kurano-oto

  • タイプ:白・弱発泡
  • 甘さ:中甘口
  • 度数:8度
  • 価格:1600円前後
  • おすすめマリーアジュ:フルーツ系のスイーツ全般、特にナイアガラを使ったもの

名前からも分かる通り日本のワインです。「ナイアガラ」は、食用としても親しまれている品種で、マスカット、アンズ、洋梨、ライチ、白い花などの独特の華やかな香りがあります。これは、発酵途中の、いわばジュースとワインの中間のようなワインで、「もろみ」を濾過せずに瓶詰めしているので、少し濁りがあります。日本のどぶろくのような感じですね。発酵途中ならではの豊かな風味があり、中甘口ですが、ほどよい酸味と微炭酸が後味を引き締めます。フルーツ系のスイーツ全般に合いますが、特にルタオの「ホワイトレアチョコレート ナイアガラ」との相性は最高です。

シャトー・ラ・コサード

ch-la-caussade

  • タイプ:白・貴腐
  • 甘さ:甘口
  • 度数:13度
  • 価格:2400円前後
  • おすすめマリーアジュ:クレームブリュレ、チーズケーキ、アイスクリーム、栗きんとん

貴腐ワインとは貴腐菌という特殊な菌がブドウにつくことによって甘味が凝縮したブドウから作るワイン。フランスのソーテルヌが有名ですが、実はソーテルヌ近隣のサン・クロワ・デュ・モン地方は、同じ貴腐ワインを作っているのに値段が格安という穴場。シャトー・レザルカもその一つです。アプリコット、オレンジピール、完熟メロン、ハチミツ、ナッツなどの香りがあり、甘さは濃厚ですが、酸味があるので意外に後味は爽やか。ひとひねりしたマリアージュとしては、アイスクリームにかけたり、栗きんとんと合わせるのもおすすめ!

ミラディ・クレマン・ド・ボルドー ロゼ・セック

milady

  • タイプ:ロゼ・発泡
  • 甘さ:中辛口
  • 度数:11.2度
  • 価格:2000円前後
  • おすすめマリーアジュ:フルーツ系のスイーツ全般(甘さ控えめ)、特にイチゴなど赤いフルーツを使ったもの

「クレマン・ド・ボルドー」とは、シャンパンと同じ製法で作られた、ボルドー地方のスパークリングワインです。「セック」(=中辛口)という「少し甘い」と感じる程度の甘さなので、甘口が苦手な方でもとっつきやすいと思います。スパークリングは基本的に食事と合わせやすいのですが、加えて「ロゼ」とくればさらに万能!ただし甘さのレベルは合わせて、甘さ控えめのスイーツをおすすめします。色合的にはイチゴなど赤いフルーツを使ったスイーツにぴったりですね。ボトルが格好いいのもポイント!

スポンサーリンク

この記事の著者

管理人ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る