ギフトにおすすめの絶品ローストビーフ お取り寄せレビュー

スポンサーリンク

「たわら屋」は各種メディアでも取り上げられている人気のローストビーフ専門店。厳選した牛肉を使用し、注文を受けてから手作りで仕上げる本格ローストビーフです。今回は最もスタンダードな「特撰黒毛和牛ローストビーフ」をお取り寄せしたのでレビューしたいと思います。ぴったり合うおすすめ赤ワインとのマリアージュについてもご紹介しています。
記事で紹介している「特撰黒毛和牛ローストビーフ」の詳細&販売先たわら屋公式サイト

スポンサーリンク



たわら屋の「特撰黒毛和牛ローストビーフ

tawaraya-01
▲ゆうパックのチルド(冷蔵)で届きました。ちなみに送料はチルド込みで900円です。

tawaraya-02
▲包装紙にも高級感があります。

tawaraya-03
▲今回は自分用なので特にギフト指定しなかったのですが、紙袋が同梱されていました。手土産やギフトで手渡しする場合には便利ですね。ちなみにギフト指定をすると、無料でワンランク上の木箱に入れてくれたり、熨斗をつけたりなどギフト対応も充実しています。

tawaraya-04
▲原材料はこのようになっています。ちなみに賞味期限は到着日から7日間です。

tawaraya-05
▲自分用なので箱はボール紙ですが、それでもなかなかの高級感です!(ギフト用ではこれが木箱になります)
ローストビーフは真空パックになっており、その下に見える銀色のものが添付のタレです。ちなみに今回の量は300gです。

tawaraya-06
▲食べ方の案内に目を通しておきます。「(タレをつけなくても)そのままでも美味しくいただけます」との旨が記載されていますが、これは本当です。カット中につまみ食いして確認しました(笑) また「温かくして食べたい場合は…お皿を温かくして…」ともありましたが、そうしたほうがよいのは分かっていたのですが、面倒なのでそこまではしませんでした。。。

tawaraya-07
▲ワクワクしながらカットを開始!どうですか、このきれいなサシの入った断面!これはかなりのレベルではないでしょうか?テンションが上がってきます!しかし包丁を研いでおけばよかったことをちょっと後悔しています。このローストビーフを切る前には是非包丁を研いでおくことをオススメします

tawaraya-08
▲自然と盛り付けにも気合が入ります。なかなか悪くないと思いませんか?

合わせたワイン&食べた感想

tawaraya-09
▲合わせるワインは、もうちょい高級なボルドーがあったので迷ったのですが、結局お気に入りの仲田晃司氏「ルー・デュモン」のACブルゴーニュ1999(2000円ちょっと)をチョイス。コスパの高い「クルティエ・セレクション」ですが、このローストビーフに合わせるなら、予算が許すなら「村名」以上をおすすめします!
【関連記事】
世界で日本人が造るおすすめワイン10選
ルー・デュモン・ニュイ・サン・ジョルジュ 2002

まずはローストビーフだけを一口。
旨い!!
第一印象は肉質がしっとりとしてジューシー
赤身の濃厚な旨味を前面に感じ、噛むごとにほのかにサシ(脂味)の甘みを感じる塩梅が実に絶妙。
当たり前ですが、スーパーで売ってるローストビーフとは比べようがない旨さです!
本当はもっと薄切りにしたかったのですが、結果的にこの厚さ(4~5ミリ)もちょうどよかったようです。「肉を食べてる!」と実感する歯触り・食感がまた堪りません!
タレはステーキソースっぽい感じで、前述のようにタレ無しでも旨いのですが、タレをからめて食べるとこれがまた旨い~!

ローストビーフの後味が舌に残っているところで、ワインを口に含んでみます。
素晴らしい!!
ワインは1999年と結構古いのでもっと熟成感があるかと思ったのですが、意外にまだ若いです。
チェリーやブルーベリーのジャムのような印象の果実味に、ほのかな土やキノコやの風味、滑らかな酸味とタンニンが溶け込み、口の中で極上のソースになります
やっぱりこのワインを選んで大正解!至極のマリアージュです!

tawaraya-10
▲本当は300gくらい二人でペロリと食べられてしまうのですが、わざと少し残しておいて、残りはサンドイッチにしていただききました。食べ方の案内には「本品を温めてしまうと中に火が入ってしまうので…」という旨が書いてありましたが、賞味期限ギリギリになってしまったということもあり、フライパンで両面を一瞬(数秒)だけ加熱
いやいや、これはこれで絶品の味わいです!旨味が増した印象がありながらジューシーさも健在。たわら屋のローストビーフは加熱しても間違いなく旨い!
ま、加熱するしないは好みもあるでしょうが、「ローストビーフはリメイクしてサンドイッチにする」、これは絶対にオススメです!

お取り寄せ&通販情報

もう間違いなく美味しい、素晴らしいローストビーフです。唯一の難点は…というか、品質を考えると仕方ないのですが、やはりお安くはないこと。お値段は300gで6,000円です。この値段をどう見るか?

実は、管理人はそれだけの価値はあると思いました。もちろんそんなにしょっちゅうは買えませんが、年に数回は自分へのご褒美にリピートするつもりでいます。ちょっと考えてみたのですが、写真でも紹介しているように、サシの入り具合など肉質自体がまず素晴らしく、これだけの肉はものによっては肉だけで100g数千円してもおかしくないレベルだと思うのです。それが、手間ひまかけてこれだけ美味しく調理してもらって、100g換算で2,000円というのは、もしかしたらお安いという見方もできるのではないでしょうか?

もちろんギフトにすれば喜ばれることは間違いありません。ただし、送る相手は、美味しいものをよく知っている大事な方を厳選することを強くおすすめします!

スポンサーリンク

この記事の著者

管理人ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る