ワインに合う!手土産スイーツ10選

スポンサーリンク

「スイーツにはコーヒー・紅茶でしょ」なんて思っていませんか?スイーツはワインと合うのです。特に甘口ワインの相性は最高!きっとあなたを新しい世界に導いてくれます。パーティーの手土産に最適、喜ばれること間違いなしのお洒落なお取り寄せスイーツと、それに合うワインをまとめました。

スポンサーリンク



ルタオの「ドゥーブルフロマージュ」&「フランチャコルタ ナウジーカ セック」

heart62

スイーツとワインを合わせるときは、甘さを同じレベルに合わせることが一つの鉄則です。チーズケーキは比較的ワインと合わせやすいスイーツですが、このドゥーブルフロマージュは、甘さが控えめ(その代わりチーズの風味が濃厚!)なので、ワインはセック(中辛口)~セミセック(中甘口)くらいがよいと思います。使われているチーズがイタリア・ロンバルディア州のマスカルポーネなので、同じロンバルディア州のスパークリングワイン「フランチャコルタ」のセックを合わせるとお洒落。もちろんよく合いますよ!

恵那川上屋の「ひなたぼっこ」&ソーテルヌ(貴腐ワイン)

heart62

あまり知られていませんが、貴腐ワイン特にソーテルヌには柿の香りがあります。単体の柿とソーテルヌを合わせるのも非常におすすめなのですが、かなり甘みの強い柿を選ばないと貴腐ワインの甘さと釣り合わないという問題があります。そこで、干し柿の中に栗きんとんが入っているこの「ひなたぼっこ」はまさにピッタリ!使用されている「市田柿」は、もちっとした食感で濃厚な甘み。中の栗きんとんの方はどちらかというと甘さ控えめで、しっとりとした食感が実によいバランスです。原材料は柿、栗、砂糖のみ
「ひなたぼっこ」お取り寄せレビュー

ルタオの「ホワイトレアチョコレート ナイアガラ」&「クラノオト ナイアガラ」

heart62

ナイアガラは食用としても親しまれているブドウ品種で、マスカット、アンズ、洋梨、ライチ、白い花などの独特の甘い華やかな香りが特徴です。「クラノオト ナイアガラ」は、発酵途中のナイアガラ果汁を瓶詰めした、ジュースとワインの中間のようなユニークな微発泡ワイン。一方、「ホワインチョコレート ナイアガラ」はナイアガラワインを使って作ったチョコレート。この二つが合わないわけがありませんね!

ラ ボンヌ テリーヌの「はちみつ入り農園風テリーヌ」&「モエ エ シャンドン ネクター アンペリアル」

heart62

有名なモエですが、「ネクター」を飲んだことのある方は少ないのではないでしょうか?その名の通り熟した桃やアプリコットの香りがする中甘口の白シャンパーニュです。「はちみつ入り農園風テリーヌ」は、サツマイモ、栗、かぼちゃ、アプリコット、イチジクと5種類のフルーツが入ったスイーツのテリーヌで、優しい甘味のサツマイモ・栗・かぼちゃと、甘酸っぱくてジューシーなアプリコットとイチジクのコントラストが絶妙。アプリコットが接点となって完璧マリアージュ!

ポタジエの「キャロットチョコフラン」&ロゼ・ダンジュ

heart62

「キャロットチョコフラン」は、なんとニンジンを使ったケーキ。食感と風味はチーズケーキに似ていて濃厚なのですが甘さは控えめで、ニンジンとマンゴーの優しい甘さが後から広がります。固めのタルト地のほろ苦さがアクセント。合わせるのはロゼしかないでしょう!ニンジンのつぶつぶの食感が一つのポイントなので、これを感じるためにはスパークリングではないほうがベター。半甘口のスティルワイン「ロゼダンジュ」ならバッチリ!

神戸フランツ「壷プリン」&スペインのペドロヒメネス

heart62

神戸フランツの人気商品「魔法の壷プリン」は、生クリーム・カスタードプリン・カラメルソースの3層になったプリン。普通のプリンと比べると柔らかく、とろっとした食感と濃厚な甘さが魅力です。冷凍で届くので半解凍で食べるのも旨い!是非合わせたいのはスペインの甘口シェリー「ペドロヒメネス」。カスタードやカラメルの香りが「壷プリン」とバッチリ共通しています。

洋菓子シュゼットの「テリーヌ・ド・フリュイ」&モスカート ダスティ

heart62

「テリーヌ・ド・フリュイ」は、暑い時期にピッタリの、涼しげなテリーヌ型のフルーツゼリーです。そのまま食べてももちろん美味しいのですが、是非ワインと合わせてみてください!ピッタリ来るのはイタリアの半甘口の微発泡スパークリング「モスカート ダスティ」。「モスカート」とは「マスカット」のことで、ワインの香りもマスカットの香りが中心ですが、他にも洋梨、黄桃、オレンジの花などの香りがあり、どんなフルーツにもよく合います!モスカート ダスティの代わりにアスティ・スプマンテも悪くありません。

サロンドロワイヤルの「ストロベリーチョコレート」&イチゴのスパークリングワイン

heart62

「ストロベリーチョコレート」は、フリーズドライのいちごをホワイトチョコレートでコーティングしたスイーツです。ミルキーなチョコとイチゴの甘酸っぱさのコントラストが絶妙です。普通のロゼワインもイチゴの香りがあるので合わせるにはよいのですが、是非ここは日本のブランドイチゴ100%で作ったスパークリングワイン「ミガキイチゴ・ムスー」をどうぞ!売り切れの場合はら、イチゴ果汁をブレンドしたスパークリングワインもあるので、ここは是非イチゴ同士のマリアージュをお楽しみください。

ヴェルディエの「レザンドレ・オ・ソーテルヌ」&ソーテルヌ

heart62

ソーテルヌは意外と単体のチョコレートとの相性が難しいのですが、チョコレートに何かフルーツのフレーバーがあれば合います。そこに持ってきてこの「レザンドレ・オ・ソーテルヌ」。「レザン」は「レーズン」のこと。ソーテルヌに漬け込んだレーズンをチョコでコーティングしたこのスイーツです。これがソーテルヌに合わないわけがないワイン好きの男性へのバレンタインプレゼントにもおすすめ。

wagashi asobiの「ドライフルーツの羊羹」&バニュルス

heart62

バニュルスは、ポートワインに似ている、南フランスで作られる酒精強化の赤の甘口ワイン。チョコレートに合わせるのが定番ですが、実は羊羹などあずき系の和菓子にもよく合うのです。そのままでも十分合うのですが、この羊羹にはイチゴ、イチジクのドライフルーツとナッツが入っています。これらはまさにバニュルスに共通する香り。この二つを合わせずにどうする!?

スポンサーリンク

この記事の著者

管理人ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る