ワインに合う!甘さ控えめの手土産スイーツ5選

スポンサーリンク

「スイーツは嫌いじゃないけど甘すぎるのは苦手」という方がいると思います。そんな方への手土産に最適な、甘さ控えめのおすすめスイーツを、相性のよいワインと共にご紹介します。ワインはもちろん甘口も合うのですが、ここではあえて全て辛口ワインをご紹介します。「甘いお菓子は一切ダメ」という方向けには、こちらの記事で甘くない(=しょっぱい)お菓子もご紹介しているので、併せてご覧ください。

スポンサーリンク



プティ・タ・プティ

heart62

フランス語で「少しずつ」という意味の、ひと口サイズのクッキー9種類の詰め合わせ。全体的に甘さ控えめですが、その中でも「フロマージュ(=チーズ)」は全く甘くなく、例えるなら「焼きチーズ」の味わいです。彩りも綺麗で手土産・おもたせで喜ばれること間違い無し!味わいがさまざまなので、ワインを合わせるなら華やかで万能なロゼシャンパーニュをおすすめします。

濃厚塩チョコレートケーキ

heart62

濃厚なチョコレートケーキ、というだけだったらさほど珍しくもありませんが、これはその名も「濃厚”塩”チョコレートケーキ」。もともとカカオ70%で甘さ控えめ、苦味が立った大人好みの味わいですが、そこに存在感のある大粒の塩が散りばめられているのが斬新!たまにしょっぱく感じるほどで、甘さを引き締めると共にカカオの風味を際立たせ、後を引く美味しさ。重みはずっしり、カットに苦労するほど濃厚で、食感はしっとり。限りなく「カカオ70%のチョコレート」に近いチョコレートケーキです。ワインはチョコレートの風味がある樽の効いた濃厚なシラーズが絶好の相性。
【関連記事】「濃厚塩チョコレートケーキ」お取り寄せレビュー

トマト大福(※季節限定)

heart62

フルーツトマトに分類されるミニトマトを白あんと共に包んだ大福。白あんの甘さが控えめなのでトマト本来の甘さが引き立ち、トマトの酸味が全体を引き締めます。トマトを使った料理全般にはロゼワインが定番の相性ですが、ここでは最近管理人が飲んだ中で特にトマトの香りが強く感じられたイタリアのポッジョトンドのロザート(=ロゼ)をおすすめします!

とろける生大福(ラムレーズン)

heart62

「とろける生大福」はいろいろなフレーバーがありますが、管理人の一番のお気に入りはラムレーズン。甘さ控えめのしっとりしたクリームの中にラムレーズンがたっぷり散りばめられていて、ラムの甘い香りが余韻に残ります。白ワインも合いますが、ラムレーズンの香りが共通する赤ワイン、カリフォルニアのジンファンデルと合わせると面白いと思います。映画監督のコッポラ氏はワイン造りも本気で、特にこの”ディレクターズカット”シリーズは素晴らしいクオリティ。ラベルもお洒落で手土産で目立ちそうなのもポイント。

ピーカンナッツチョコレート

heart62

「ピーカン(ペカン)」とは「バターの木」とも呼ばれるクルミ科の樹木で、このナッツをさまざまなフレーバーのチョコレートで包んだスイーツ。食べ過ぎ注意の後を引く味わいです!フレーバーによっては赤ワインもよく合うと思いますが、管理人のおすすめはナッツやバターの風味がある樽の効いたシャルドネ。ニュージーランドの大手のシレーニが作るシャルドネの上級キュヴェ”ザ・ロッジ”は樽に負けない芳醇な果実味で、ムルソーを彷彿させます。

スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る