貴腐ワインに合う!栗きんとん入り干し柿のお取り寄せレビュー

スポンサーリンク

意外に思う方もいるかもしれませんが「」は「貴腐ワイン」ととても相性がよいスイーツです。今回、岐阜県にある和洋菓子(特に和菓子)の名店「恵那川上屋(えな かわかみや)」から、干し柿に栗きんとんを詰めた和菓子ひなたぼっこ」と、定番人気商品の「栗きんとん」がセットになった詰め合わせをお取り寄せしました。ここでは、その「ひなたぼっこ」のほうのレビューをご紹介します。(「栗きんとん」のレビューはこちら
相性のよいおすすめの安旨貴腐ワインとのマリアージュについてもご紹介していますので参考にしてください。
記事で紹介している「ひなたぼっこ」の詳細&販売先恵那川上屋 公式WEBサイト

スポンサーリンク



恵那川上屋の「ひなたぼっこ」

enakawakamiya-05
▲「ひなたぼっこ」は干し柿をベースにしたスイーツだけに、パッケージも柿の形。凝ってますね!

enakawakamiya-06
▲「ひなたぼっこ」とは、市田柿の干し柿の中に、恵那川上屋名物の栗きんとんを詰めたものです。干し柿に切れ目は全く見当たりません。いったいどうやって栗きんとんを詰めたんだろう??

ちなみに「市田柿」は南信州特産の、干し柿ではポピュラーな品種ですが、ポリフェノールの含有量が凄いそうです。

enakawakamiya-03
▲原材料は、干し柿、栗、砂糖、酸化防止剤(二酸化硫黄)のみ。二酸化硫黄は添加物の一種ではありますが、ほとんどのワインにも含まれている一般的な酸化防止剤。ほぼ無添加と言ってよいと思います。これは素晴らしいですね!

合わせたワイン&食べた感想

まずは「ひなたぼっこ」単体でいただいてみます。
お~!干し柿!!
一口目の印象はまさに干し柿そのものです。ねっとりとした食感の中にある凝縮された甘味と、天然フルーツならではの旨味を感じます。干し柿って久しぶりに食べましたけど美味いですね~

そして何口か噛んでいると、後から栗きんとんのクリーミーな優しい甘さがやってきます。「栗きんとん」の方でもレビューしましたが、この栗きんとんは、バターやミルクは使ってないのにしっとりしていてクリーミーなのです。ひなたぼっこの方ではよりクリーミーさを強く感じる気がします!干し柿と栗きんとんの調和は絶妙

一つ気をつけてほしいのは、この干し柿ははっきり言って小ぶりです。おそらく一つ食べただけでは満足できないでしょう。食べ過ぎにご注意(笑)

enakawakamiya-07
▲「ひなたぼっこ」とのマリアージュに選んだワインは、お気に入りの安旨貴腐ワイン、カディヤックの「シャトー・ラグランジュ 2002」(なんと2000円ちょっとで買える!)です。(「シャトーラグランジュ」のテイスティングコメントはこちらの記事

ひなたぼっこが少し口に残っている状態で、貴腐ワインを口に含んでみると…

お…おお…お(遠峰一青風)、合う~!!
ワインと合わせてみることで、「そうだ、干し柿って”ドライフルーツ“だったんだ!」ということに改めて気付かされました。一番近いのはドライアプリコットで、ドライイチジクレーズンっぽい感じもあります。

ドライフルーツとワイン、合わないわけがありませんね!ましてや貴腐ワインにはもともと柿の香りがあり、さらにこのワインは結構古めの2002ヴィンテージなので、熟成感がさらにドライアプリコットなどのドライな印象を強調します。合うだろうと思って合わせてみましたが、期待通り、干し柿と熟成した貴腐ワインとの相性は最高です!

もう一つ実感したのは、「干し柿と貴腐ワイン、どちらにも”“があったんだ!」ということ。もちろんこれはいい意味。酸は甘味を引き締める大事な要素です。管理人は仕事柄もあってワインを飲むときに自然と酸を意識しますが、干し柿の酸についてはうっかりしていました。合わせることでお互いの酸が浮き彫りになる、これもマリアージュの面白いところですね。

そしてこれに栗きんとんのクリーミーさが相まって、余韻をふくよかにしてくれます。
ひなたぼっこと貴腐ワイン、素晴らしいマリアージュです!

お取り寄せ&通販情報

大変美味しゅうございました!「干し柿+栗きんとん」ということで、「一粒で二度美味しい」的な楽しみがありますし、その調和がまた絶妙。ほぼ無添加ということもあって、甘みが自然で、味わいが上品なのも大きなポイントです。

この「ひなたぼっこ」単品のお値段は、5個入で1,620円10個入で3,240円。クオリティを考えたらリーズナブルだと思います。(ひなたぼっこ5個+栗きんとん5個=計10個の詰め合わせは2,916円)

注意点が3つあります。
1つ目は、11月下旬~3月下旬の期間限定商品(※栗きんとんとのセットは9月中旬~1月中旬)だということ。
2つ目は、日持ち(消費期限)が3日間と短めだということ。
3つ目は、小さいということ(笑) まあ、むしろ「もうちょっと食べたいなぁ」と思うくらいが有難みがあってよいのかもしれません。

このことさえ問題なければ、誰にでも喜ばれること請け合いです!

手土産のスイーツは洋菓子になりがちなので、こんな和菓子をチョイスするのも意外性があって面白いのではないでしょうか?干し柿は日本が世界に誇る「ドライフルーツ」だと思います!そして、是非貴腐ワインとのマリアージュを試してみてください!もちろんワインが苦手な方は、普通に日本茶と合わせても間違いなく美味しくいただけます。

スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る