おすすめのノンアルコールワイン7選(辛口~甘口)

スポンサーリンク

妊娠中または授乳中の方、アルコールに弱い方、車の運転を控えている方などの味方「ノンアルコールワイン」。ワインはビールと比べると本来アルコール度数がずっと高い飲料なので、これをノンアルコールにするのは、技術的にかなり難しく、正直なところまだまだ発展途上です。また、どうしても甘口が多くなりがち。これは、ワインとは本来発酵によってブドウの糖分を「アルコール」と「糖」に分解するため、「アルコール」と「甘さ」はトレードオフ(=アルコール度数が高ければ辛口、アルコール度数が低ければ甘口)の関係にあり、完全辛口にするのは至難の業なのです。その中でも管理人が実際に試飲して、比較的辛口でこれはおすすめできると思ったものや、面白いと思ったものを、甘辛度(△甘口、☆やや甘口、★やや辛口、★★辛口)と共にご紹介します。

スポンサーリンク



ボンヌーベル・サンズアルコールワイン(赤/白/ロゼ/泡/ロゼ泡)

【1100~1400円】ボンヌーベルはフランスで初めてノンアルコールワインを造ったメーカー。フランス国立農業研究所と共同で開発した方法で、本物のワインからアルコールを除去しています。厳密には0.2%程度のアルコールが含まれていますが、フランスの法律では0.5%未満はノンアルコールと見做されます(日本の法律では1%未満)。ちなみに「サンズアルコール」とは耳慣れない言葉かもしれませんが、「サンズ(sans)」は英語で言う「without」で、「~なしで」という意味。つまり「サンズアルコール」は「ノンアルコール」のことなのです。ボンヌーベルでおすすめするのは、単一品種のスティルワイン(赤:メルロー、白:シャルドネ、ロゼ:シラー)ですが、日本では流通が少ないのが残念。スパークリングなら、ロゼより白がおすすめです。白は酸がしっかり立っているのが本格的な印象で、ロゼはやや人工的な風味が目立ちます。

スタッセン・ノンアルコールワイン(白/赤/泡/ロゼ泡/シードル)

【800~1500円】スタッセンはベルギーの老舗飲料メーカーで、フルーツフレーバーのシードル(甘口)を得意としています(甘口がお好きな方にはおすすめ)。ノンアルコールワインに関しては、前述のボンヌーベル同様、本物のワインからアルコールを除去しており、こちらは度数0.0パーセント。スパークリングワインの「デュク・ドゥ・モンターニュ」が世界中で人気があり、管理人も一押しなのですが、最初に、これは「やや甘口」であることをお断りしておきます。とは言え、シャンパーニュの「セック(sec)」に相当する程度の軽やかな甘さで、何よりノンアルコールなのに舌の上でアルコールと錯覚するようなボリューム感は見事。「やや甘口」であることさえ目をつぶれば、本物のスパークリングワイン(のセック)にかなり近い本格的な味わいです。スティルワインなら、白のシャルドネがおすすめ。シャルドネの柑橘の香りを上手く引き出した辛口です。

メゾン・オノレ・ドゥ・フォーブール “1688グラン”シリーズ(ロゼ泡/泡)

【4000~4600円程度】1688年のフランスで、カトリック教会の司教が「女性が永遠の愛に満たされる妙薬」を信者に託したという伝説がありました。この「妙薬」のレシピが1988年に発見され、これを復元したのがメゾン・オノレ・ドゥ・フォーブール(MHdF)社。2011年にロゼ泡が、2014年に白泡がリリースされました。その「レシピ」の詳細は非公開ですが、ロゼに関してはどうやら赤・白のぶどう濃縮ジュース100%をブレンドし、マスカットとアールグレイのアロマが微量加えられている模様。さすがに味わいの「ワイン感」は薄く、個人的にはこれを「ノンアルコールワイン」と呼ぶのは気がひけますが、香りの複雑さは非常に面白く、完成度の高い「大人のぶどうジュース」といった趣です。ただし率直に言うとコスパは今ひとつ。高級シャンパーニュを彷彿させるボトルは文句無しに格好いいので、甘口ノンアル派の方へのギフトにいかがでしょうか?

ル・ポルミエ(シードルロゼ/シードル白)

【1400~1500円】ル・ポルミエはフランス・ノルマンディー地方の生産者で、ノルマンディーと言えばリンゴのスパークリングワイン、シードルの銘産地。醸造責任者のブノワ・シモテル氏は、シャンパーニュの名門ヴーヴ・クリコでプロダクト・マネージャーを務めた人物です。ロゼの「ペピネル」と白の「ポミヨン」があり、いずれもリンゴ果汁に炭酸を加える製法で、ロゼにはエルダーフラワーやハイビスカス、ベリーなどを配合、白にはバニラエキスを微量加えています。ちなみにノンアルコールシードルの「ロゼ」はこちらが世界初。いずれも「やや甘口」ではありますが、酸味が豊かなリンゴを使用しているので後味は爽やかです。

カール・ユング(白/赤/ロゼ/スパークリング)

【700~1100円】ドイツのカール・ユング社は1908年に世界で初めてアルコールフリーのワインを製造した会社。アルコール除去には低温真空蒸留法を使用しており、この方法は世界各国で特許を取得しているものです。アルコール度数は0.5度未満。ドイツということもありおすすめはリースリング。リースリングは酸味豊かな品種ということもあり、管理人の判断では味わいは「やや甘口」よりは辛口の「やや辛口」。食事に合わせるのには十分な辛口だと思います。スパークリングは、リースリング他数品種のブレンドでこちらも「やや辛口」。甘さを抑えていいバランスに仕上げていると思います。いずれもショップによっては750mlで700円台~というコスパも魅力。

セレブレ(355ml)(泡/ロゼ泡)

【500~600円 ※355ml】こちらは日本の富山県「トンボ飲料」の商品。トンボ飲料は現存する最古のラムネメーカーで、子供向け擬似シャンパン「シャンメリー」を造っているメーカーの一つです。通常ノンアルコールワインを造るには、いったん普通のワインを造ってから何らかの方法でアルコールを除去するのが一般的ですが、こちらの「セレブレ」では、詳細は非公開ながら「アルコールを生成しない」ように通常のワインの発酵過程を経て造るとのこと。この方法のメリットは、アルコールは完全に0.0%を実現できるのと、「アルコール除去」では抜けがちなワインのコクをキープできることが挙げられます。ボトルは355mlのみですが、一人飲みにはちょうどよいか?

マノワール・デ・サクレ・ソー・ジェニー(ロゼ泡)

【3000~3300円】マノワール・デ・サクレの創業者ジェニー・クゴート・ルラン氏は、UAEのある王族の結婚式に招かれたときに、美しいフルートグラスに、ドロリとしたフルーツジュースが並々と注がれているのを目にして愕然としたそうです。そのときに「もっとエレガントなノンアルコールドリンクを造らなければならない」と感じたのが、この商品を開発するきっかけとなりました。イスラムの人々も飲めるように、当然アルコールは0.0度。低温加熱殺菌によってアルコール発酵を止めるという方法を採用しています。ブドウはフランス産のガメイ、プールサール、シャルドネ、ミュスカを使用。若干口当たりの甘い「やや辛口」ながら、香り豊かで味わいは本格的。カタール航空のファーストクラスや世界の一流ホテル、レストランにオンリストしています。高級感あるボトルも好印象。価格がちょっとお高めなのが唯一の難点と言えるでしょう。

スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと料理のマリアージュ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る