初心者におすすめのワイン10選(1000円台)

スポンサーリンク

「初心者におすすめのワイン」というテーマで記事を書くにあたって、何をもって「初心者におすすめ」とするかについては非常に悩みました。ちょっと話はそれますが、初心者の方はよくワインの褒め言葉として「このワイン飲みやすいね」という表現を使います。しかし管理人はこの表現が好きではありません。なぜならその言葉の裏側には、「ワインは飲みにくいもの」という前提があり、それがプラスマイナスゼロになっただけにすぎないからです。(【関連記事】ワインの感想を言うときに注意したい4つのポイント

まあ、百歩、いや千歩譲って「飲みやすい」を褒め言葉として受け入れるとしましょう。ではいったい初心者の方にとって「飲みにくい」ワインとはどんなワインなのか?そこで、管理人の身の周りにいるワイン初心者の方が、ワインに口をつけて顔をしかめるときの理由を思い出してみました。おそらく「酸っぱい」「渋い」この2つが二大理由であるように思います。

そこで、なるべく「酸っぱい」「渋い」と感じないことをおすすめの条件としました。そして価格帯は1000~2000円に限定。いずれも管理人自身が美味しいと思う、コスパの高いワインです。あえて1000円未満のワインは外しました。もちろん1000円未満でも美味しいワインはたくさんあるのですが、このあたりの価格帯では、100円の差が品質の違いとして大きく跳ねるのも事実。管理人は、700円のワインと1200円のワインには歴然とした差があると考えています。言い換えると、1000~2000円のワインは初心者の方でもまずまず手を出しやすく、それでいてレストランで提供されるレベルの良質ワインです。初心者の方が「ワインでも買ってみようかな」と思ったときのワイン選びの参考になれば幸いです。そして少しでもワインを好きになってもらえたら嬉しい限りです。

スポンサーリンク



スパークリングワイン(辛口)~コスパ最高の「カバ」

【相性のよい食べ物や楽しみ方】

  • 前菜、おつまみ系
  • 炭酸なのでビール感覚で
  • 守備範囲は広いので、好みによって何に合わせてもOK
  • 食前酒としても食中酒としても

初心者の方には、一つの豆知識として「スパークリングワイン」と「シャンパン(シャンパーニュ)」はイコールではない、ということを是非覚えておいてほしいと思います。「スパークリングワイン」は世界の発泡性ワインの総称で、「シャンパン」は、フランスのシャンパーニュ地方で作られ、厳しい規定をクリアしたものしか名乗ることができません。「シャンパン」は、高品質なのですが高価なのが難点。ところが、スペインの「カヴァ(CAVA)」、シャンパンと同じ作り方をしているのに激安という、コスパの素晴らしいスパークリングワインなのです。その中でも、ご紹介している「1+1=3」は絶品で、そこらのシャンパンを凌ぐポテンシャルがあります!
カヴァ・ウ・メス・ウ・ファン・トレス・ブリュット(楽天市場)

スパークリングワイン(やや甘口)~「大人のコーラ」こと「ランブルスコ」

【相性のよい食べ物や楽しみ方】

  • チーズ全般
    (特にパルミジャーノ・レッジャーノ)
  • 甘さ控えめのスイーツ
    (特にベリー系フルーツ)
  • ピザ
  • トマトソース系のパスタ
  • 食前酒。甘口がいける方は食中酒でも

「ランブルスコ」は、「赤」で「甘口」という、イタリアの面白いスパークリングワインです。イチゴ、ブルーベリー、干しイチジクのような甘い香り、バランスのとれた柔らかい甘味と酸味、口当たりのよい微発泡が特徴で、「大人のコーラ」の異名を持ちます。甘さは控えめなので食事に合わせることもできなくはないですが、どちらかと言えばチーズやスイーツに合わせるのがおすすめです。甘口ワインは基本的にチーズ全般と合いますが、特にランブルスコは同じ産地のチーズ「パルミジャーノ・レッジャーノ」(日本で言われるところの「パルメザンチーズ」)との相性は抜群です。
ドネリ・ランブルスコ・グラスパロッサ・アマービレ(360°シリーズ)(楽天市場)

白ワイン(爽やか系)~ニュージーランドのソーヴィニヨンブラン

【相性のよい食べ物や楽しみ方】

  • 前菜、サラダ系
  • カルパッチョ
  • ハーブを使った料理全般
  • シェーブルチーズ(ヤギのチーズ)
  • 枝豆
  • 焼き魚

ワインが苦手な人の理由でよく聞くのは「酸っぱい」というもの。「酸味」はワインの大きな魅力の一つなのですが、残念ながら初心者の方にはなかなか分かってもらえない味覚のようです。特に爽やか系の白ワインは酸味を感じやすいのですが、さっぱりした料理には爽やか系のワインが重宝するのも事実。そこでおすすめしたいのが、ニュージーランド(以下”NZ”)のソーヴィニヨンブラン(以下”SB”)というブドウ品種です。SBは基本的に酸味が豊かな品種なのですが、NZのSBは比較的酸味が柔らかで、ミントやレモングラスなどの爽やかなハーブの香りが華やか、グレープフルーツや、熟した洋梨やパッションフルーツのような甘い香りもあり、初心者の方にも楽しんでもらえると思います。ハーブを使った料理との相性は最高ですが、他にもハーブのような青っぽい香りがするものとは何でも合います。面白いところでは、日本のハーブである山葵や、枝豆との相性もよいので、騙されたと思って是非合わせてみてください!
シレーニ・セラー・セレクション・ソーヴィニヨンブラン(楽天市場)

白ワイン(こってり系)~樽熟成したシャルドネ

【相性のよい食べ物や楽しみ方】

  • 前菜、サラダ系
  • 魚や肉のグリル
  • バターやクリームを使った料理全般
  • カマンベールなどのクリーミーな白カビ系チーズ

白ワインと赤ワインでは、断然赤ワインを好きな人のほうが多いようです。それはそれで理解できるのですが、実は世の中の食事は、白に合うもののほうが断然多いのです。例えばフレンチのコースを想像してみてください。たいていの場合赤に合うのはメインの一品だけ。それまでの全ての皿はむしろ白のほうが合うというケースが非常に多いです。下手したら、メインを魚や豚肉にした場合は、最初から最後まで白にするのがむしろ最高の選択、ということすらあります。そんなメインに合わせるのにふさわしい白ワインが「樽熟成したシャルドネ」です。果実味たっぷりで酸味は控えめ、樽の香りがバターを連想させ、クリーム系の料理や、シンプルな調理法の魚や肉の脂の甘みとよく合います。ご紹介しているチリの「コノスル」はスーパーなどでも見かけるコスパ抜群のワインですが、「レゼルバ」とついているものはワンランク上の味わいです!
コノスル・シャルドネ・レゼルバ(楽天市場)

ロゼワイン(辛口)~絶対に辛口の「タヴェル」

【相性のよい食べ物や楽しみ方】

  • 前菜~メインまで何でも
  • 中華料理
  • トマト系の料理
  • ブイヤベース

前述の通り、赤ワインに合うのは基本的にメインディッシュ系の料理が多く、これは和洋中を問いません。つまり、一回の食事の中には、白ワインに合う料理もあれば赤ワインに合う料理もあるのが普通ですが、かと言って白ワインと赤ワインを両方開けられるという人は多くないでしょう。そこで重宝するのがロゼワインです。どの料理にもドンピシャで合うというわけではありませんが、どの料理ともそこそこ寄り添ってくれます。何を隠そう、管理人が家で飲むことが一番多いのはロゼワインです。しかし「ロゼは甘口が多いので苦手」と感じている人もいるのではないでしょうか?たしかに、辛口かどうか分かりにくロゼや、辛口と書いてあっても飲んでみたらちょっと甘いというロゼもあるのは事実です。そんな方は是非、南仏の「タヴェル」というロゼを探してみてください。「タヴェル」と名がつくワインは絶対に完全辛口。甘口は一切ありません!
タヴェル(楽天市場)

ロゼワイン(やや甘口)~女性におすすめ!Alc度数低めの「ロゼ・ダンジュ」

【相性のよい食べ物や楽しみ方】

  • 前菜(~メイン)
  • 中華料理
  • トマト系の料理、ピザ、パスタなど
  • 梅肉を使った料理
  • 甘さ控えめのスイーツ
    (特にベリー系フルーツ)
  • チーズ全般

管理人自身、食事に合わせる場合は甘口よりは辛口のワインを好みますが、甘口ワインも捨てたものではありません。前述のランブルスコでも触れたように、チーズやスイーツには断然甘口ワインのほうが合います。「ロゼ・ダンジュ」は、フランス・ロワール地方で造られる「中甘口」のロゼワイン。こってり甘口ではないので、料理にも比較的合いやすく、色合いや味わい的にもトマト系の料理にはおすすめです。また、ロゼ・ダンジュはアルコール度数が5~12度と低めなので、アルコールの弱い方にもおすすめです(紹介しているラシュトーのロゼ・ダンジュは10.5度)。目安として「アルコール度数が低ければ低いほど甘口」と覚えておくと便利です。
ラシュトー・ロゼ ・ダンジュ(楽天市場)

赤ワイン(軽め)~ピノノワールの入門編「カリピノ」

【相性のよい食べ物や楽しみ方】

  • 軽めの肉料理
  • 醤油を使った和食の煮物系料理
  • 焼き鳥(タレ)
  • 梅肉を使った料理

ワインには「軽め・重め」という表現がありますが、これは「ボディ」という言葉にも置き換えられます。そして赤ワインにおける「ボディ」とは基本的に「渋み」を意味します(※異論もあり)。そんな中、ライト~ミディアムボディの代表格が「ピノ・ノワール(以下”ピノ”)」というブドウ品種で造られるワインで、ワインの渋みが苦手な方におすすめです。ピノは冷涼な産地を好み、栽培が難しく、酸味が豊かで繊細な味わいが特徴。「高貴な品種」とも呼ばれ、最も高価なワイン「ロマネ・コンティ」もピノです。しかし、軽めであるがゆえに酸味が目立ち、繊細な味わいが初心者にはなかなか伝わらない品種でもあります。そこでおすすめしたいのがカリフォルニアのピノ。通称「カリピノ」とも呼ばれ、フランス・ブルゴーニュのものと比べると酸味控えめで、果実味と樽の香りが強いのが特徴です。これをピノの入り口として、徐々にブルゴーニュに進出すると、ピノの美味しさを理解しやすいのではないかと思います。
マックマニス・ピノノワール(楽天市場)

赤ワイン(重め)~がっつり濃厚!でも渋みが目立たない「シラーズ」

【相性のよい食べ物や楽しみ方】

  • 赤ワインで煮込んだ肉料理
  • 牛ステーキの赤ワインソース
  • ジンギスカン
  • カレー

ミディアムボディのピノ・ノワールについて紹介しましたが、ミディアムボディとフルボディでは断然フルボディのファンのほうが多いようです。フルボディのワインと言えば、フランス・ボルドーが有名ですが、初心者の方の中には、ボルドーは渋みと酸味が気になるという方もいるかもしれません。そこで、その問題をクリアするのが、オーストラリアの「シラーズ」というブドウ品種。渋みや黒コショウのようなスパイシー感もしっかりありながら、温暖さゆえに酸味は控えめで、煮詰めたジャムのような濃厚な果実味とアルコールのボリューム感が際立つ、飲み応え抜群のワインです。実はフランスの「シラー」というブドウ品種と本来同じなのですが、フランスのシラーはスパイシー感と酸味がより目立ち、印象はかなり異なります。
ウィンダム・エステート・シラーズ BIN555(楽天市場)

甘口ワイン(白)~ソーテルヌ”周辺”の高くない貴腐ワイン

【相性のよい食べ物や楽しみ方】

  • カレー
  • フォワグラ
  • チーズ全般(特にブルーチーズ)
  • 甘み濃厚なスイーツ(クレームブリュレなど)
  • 白っぽいドライフルーツ(アプリコット、イチジクなど)

甘口ワインを毛嫌いする人は多いですが、そんな方もほんの少しだけ心の目を開いてください。甘口ワインの魅力を知らないのはもったいないことです!「貴腐ワイン」とは、フランスのソーテルヌ地区が有名な、白のこってり甘口ワイン。ソーテルヌの貴腐ワインは概して高級ですが、実はその周辺地域で造られる貴腐ワインは、味わいはほとんど変わらないのに断然お買い得なのです。いろいろな楽しみ方がありますが、特にフォワグラとブルーチーズとの相性は鉄板。ブルーチーズにはハチミツを一たらしするとさらに寄り添います。面白いところではカレーライス。驚く方もいるかもしれませんが、カレーに添える福神漬、らっきょう、チャツネ、どれも甘いですよね。カレーと甘いものは合うのです。また、スイーツに合わせるのもおすすめ。甘いものに甘いもの?と眉をひそめる方もいるかもしれませんが、これこそがフランスの「マリアージュ(結婚)」の発想です。ただし甘みが強いものでないと釣り合わないので、その点はご注意ください。
ルピアック(楽天市場)

甘口ワイン(赤)~Alc20度、チョコと相性抜群の「ポート」

【相性のよい食べ物や楽しみ方】

  • 赤ワインで煮込んだ肉料理
  • カレー
  • チーズ全般(特にブルーチーズ)
  • フォワグラ
  • チョコレート、チョコ系スイーツ
  • 黒っぽいドライフルーツ(レーズン、プルーンなど)

「ポート」とは、ポルトガル産の赤のこってり甘口ワインです。アルコール発酵の途中でブランデーを加えることによって発酵を止めて、且つブドウの甘みを残すので、アルコール度数が高い(20度前後)のが特徴の一つです。料理の相性としては貴腐ワインとよく似ていますが、違いを挙げるとすると、一つは、赤なので赤ワインで煮込んだ肉料理と合うということ。もう一つは、スイーツ全般と相性は良いですが、樽の香りがチョコレートを連想させるので、特にチョコレート系のスイーツとの相性が抜群だということです。逆に、貴腐ワインのほうはチョコレートとの相性は難しいとされています。
サンデマン・ルビー・ポート(楽天市場)

スポンサーリンク

この記事の著者

管理人ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る