バーベキュー(BBQ)に持っていきたいおすすめワイン6選(1500円以下)

スポンサーリンク

この記事をご覧になっている方は、おそらくバーベキューのワイン担当になった方か、差し入れで何かワインを一本持って行こうと考えている方でしょう。せっかく持って行くなら、メンバー全員に美味しいと言ってもらいたいですし、さらには「センスいい!」と言ってもらえたら気持ちいいですよね。しかしながら、限られた予算でメンバーみんなに喜ばれるワインは選ぶのはなかなか難しいもの。特に、アウトドアの雰囲気やバーベキュー料理に合わせるという難しさもあると思います。ここでは、バーベキューに持って行ってみんなに喜ばれそうなワインを6本(泡2本、白2本、赤2本)、全て約1500円程度で買えるものを厳選してご紹介します。ワイン選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク



【スパークリング】ロジャーグラート・カヴァ・ロゼ・ブリュット

楽しいバーベキューのオープニングは、やはりスパークリングワインで景気よく乾杯して始めるのがよいのではないでしょうか。シャンパン(シャンパーニュ)もよいのですが少々お高いので、シャンパンと同じ製法で造られたスペインのカヴァがコスパが高くオススメです。見た目の華やかさに目が奪われがちですが、シャンパン製法のスパークリングワインは旨みもたっぷりで、食中酒としても活躍します。ご紹介している「ロジャーグラート」のロゼは、「芸能人格付けチェック」で5人のうち3人が、ドンペリのロゼよりも高いと答えた伝説のカヴァ(価格はたった1500円程度!)。話のタネにもなるでしょう。

【スパークリング】カビッキオーリ・ランブルスコ・アマービレ

乾杯に飲むワインとしてもう一つ面白いのは、赤の甘口スパークリングランブルスコ」です。色合い鮮やかで、イチゴやバラのような華やかな香りがあるこのワインはきっと場を盛り上げてくれるはず。甘口と言うと好き嫌いが分かれるかもしれませんが、甘味はコッテリする感じではなく爽やかなので、幅広い人に受け入れられやすいですし、特に女子には受けるワインです。アルコール度数が10度前後と低いのも女子向けと言えるでしょう。全般的に価格がお手頃なのも魅力で、ご紹介している「カビッキオーリ」は約1000円です。

【白ワイン】ヴィラマリア・プライベートビン・ソーヴィニヨンブラン

バーベキューは豪快な料理なので、あまり繊細なワインは向きません。特に白ワインを選ぶときは、それなりのインパクトが求められるでしょう。そこで一つオススメなのは、ニュージーランドのソーヴィニヨンブランです。ソーヴィニヨンブランというブドウ品種は、レモンやグレープフルーツのような柑橘系の香りと、レモングラスのような青々としたハーブの香りが特徴。フランスのソーヴィニヨンブランもよいのですが、ニュージーランドのものはより香りにパンチがあって、南国のフルーツをを思わせる華やかさがあるので、屋外のバーベキューの雰囲気にもピッタリです。特にハーブソルトで焼いた鶏肉や豚肉とはバッチリ合いますよ!ご紹介している「ヴィラマリア」は、これぞニュージーランドのソーヴィニヨンブランというお手本のようなワインです。

【白ワイン】コノスル・シャルドネ・レゼルバ

ソーヴィニヨンブランとは違うタイプでインパクトのある白ワインが、樽熟成したシャルドネです。特にニューワールドと呼ばれるチリやアメリカ、オーストラリアなどのものがオススメ。凝縮感のある果実味は肉の脂の甘みを引き立たせ、香ばしい木樽の香りはバーベキューの炭火の香りとスイングします。飲み応えも抜群です。ご紹介している「コノスル」はスーパーでもよく見かける有名な高コスパワインなので、見たことのある方も多いでしょう。どのシリーズも美味いのですが、シャルドネに関しては、最安の「ヴァラエタル」シリーズではなく、「レゼルバ」を選ぶことを強くオススメします。わずか300円の違いですが味わいには格段の差があります!

【赤ワイン】グラン・タラパカ・カベルネソーヴィニヨン

ここまで白ワインを2つ紹介しましたが、やはり「肉には赤ワイン」と考えている方は多いでしょう。実際、炭火で香ばしく焼いた赤身肉には、樽熟成した力強い赤ワインがよく合います。力強い赤ワインと言えば、代表格は「カベルネソーヴィニヨン」です。ご紹介している「グラン・タラパカ」は、約1000円という価格ながら素晴らしい凝縮感がある評判の安旨ワイン。酸味が控えめなのもポイントで、濃いワインが好きな人からワイン初心者まで、万人に喜ばれるでしょう。

【赤ワイン】シャプティエ・コート・デュ・ローヌ・ルージュ”ベルルーシュ”

南フランスのコート・デュ・ローヌという地域の赤ワインもバーベキュー向きです。コート・デュ・ローヌのワインはグルナッシュシラーという品種のブレンドで造られることが多いのですが、グルナッシュの果実味は甘辛い焼肉のタレと相性がよく、またシラーのスパイシーな風味は、肉に黒コショウを振りかけたようなアクセントになります。ご紹介しているシャプティエは、世界で最も著名なワイン評論家ロバート・パーカーから100点満点の評価を何度も獲得しているカリスマ的生産者。このワインは最もスタンダードなクラスのワインですが、それでも流石のレベルで、このワインが1500円で買えるのはかなりお値打ちです!

おまけ:アウトドア用ワイングッズ

外でワインを飲む場合、忘れると困るもの持っていくと便利なワイングッズがありますので、ついでにご紹介しておきます。アウトドアでなくてもあれば役立つものばかりですので、これを機に購入してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと料理のマリアージュ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る