ワインのつまみに!美食女子グランプリ2014受賞グルメ5選

スポンサーリンク

2014年3月4日(火)に「FOODEX美食女子グランプリ2014」の発表が行われ、応募214 点(122社から出品)から、グランプリ5製品、金賞10製品、銀賞16製品が決定しました。受賞フードの中で、これは間違いなくワインと合う!合わせてほしい!と思うものをピックアップしてご紹介します。手土産にすると喜ばれるものばかりです。

スポンサーリンク



ナッツの蜂蜜漬け [金賞受賞]/MY HONEY

heart62

“ナッツに蜂蜜”、その手があったか!という感じのスイーツ。パッケージが綺麗なので、プレゼントやおもたせにもぴったりです。詳しい商品の説明は割愛しますが、ワインに合わないわけがないですね。もちろんそのまま食べてもよいですし、チーズに添える、アイスに添える、ヨーグルトに添える、ケーキに添える、ドライフルーツに添える、サラダに添える…無限の活用法が考えられます。合わせるのは、ボルドーの貴腐ワインもよいですが、まさにナッツとハチミツの香りが香ばしく、コスパの高いオーストラリアのデ・ボルトリをお試しあれ。

とろけるリンゴショコラ [金賞受賞]/松本荻原製菓

heart62

りんごのジュレを生チョコで包んだスイーツ。生チョコとりんごのジュレがダブルでとろけるのがたまらない食感!チョコは濃厚ですが甘さは控えめで、リンゴの酸味も爽やかなので、いくらでも食べられそうな味わいです。チョコ系スイーツはポートやバニュルスが定番ですが、フルーツとのコンビネーションなら貴腐ワインもいけます。特にリンゴの香りを生かして、ここではシュナンブランの貴腐ワイン、ロワール地方のコトー・デュ・レイヨンをオススメします。

ウェルビーフルーツチップス ストロベリー [グランプリ受賞]/丸成商事

heart62

ドライフルーツは古くからある比較的ヘルシーなスイーツですが、実ははただ乾燥させているわけではなく、砂糖を使ったり一度油で揚げるなど何らかの添加物を使っているものがほとんどなのです。このウェルビーフルーツチップスは、添加物を一切使わず果実100%。しかもサクサク食感のチップは、今までありそうでなかったドライフルーツです。合わせたいワインは優しい甘さでイチゴの香りがするもの、イタリアのランブルスコなどはピッタリで、華やかさをプラスしてくれます。

京えくぼ [銀賞受賞]/和晃

heart62

「京えくぼ」はスペインの修道院で考案されたスイーツ「ポルポローネ」の和風バージョン。サクッとするのに舌の上でとろける、例えるなら「たまごボーロ」のような食感が魅力です。いろいろなフレーバーがありますが、店の一押しは抹茶。抹茶系スイーツには、上でご紹介しているランブルスコなどもよく合うのですが、ちょっと変わり種で、丹波ワインに抹茶をブレンドした甘口の「夜半のみどり」をご紹介します。説明するまでもなく抹茶系スイーツに合わせるなら相性はこの上なく、パッケージが美しいのもポイント。

よくばり女子の水餃子”HAPPY MARU” [グランプリ受賞]/イートアンド

heart62

ここでご紹介する中では唯一の”非’スイーツ。水餃子なのですが、ドライトマト&モッツァレラ、バジル…など洋風のフレーバーがお洒落で、色合いも鮮やか。女子に受けるのも納得のフードです。レンジ可で調理が簡単なので朝食にする手もありますが、それだけではもったいない!盛り付けを工夫すればディナーやパーティーメニューの一皿にも対応します。ボトルの形が可愛いプロヴァンスのロゼを合わせて、是非よりお洒落に味わってみてください。

スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る