アメリカを代表するワイン生産者おすすめ5選

スポンサーリンク

今では多くの銘柄が日本でも親しまれている、世界第4位のワイン生産国アメリカ。「オーパス・ワン」などブランドワインの人気は絶大で、また生産本数が非常に少なく入手困難な「カルトワイン」が多いのも特徴です。今ではカリフォルニア以外にも、品質の高いブドウが作られるワシントン、ワイン通好みのオレゴンなど、アメリカワインは大躍進を遂げています。ここではその中でも特におすすめの優れたアメリカワインの生産者をご紹介します。プレゼントや手土産にもおすすめです。

スポンサーリンク



オーパス・ワン(Opus One)

  • 創業年:1979年
  • 所在地:アメリカ/カリフォルニア州/ナパ・ヴァレー
  • 銘柄:オーパス・ワン、オーバーチュア
opus-one-2009_1
2015年2月試飲

最も有名なアメリカワイン、オーパス・ワン。ロバート・モンダヴィとムートン、初の米仏コラボによるワイナリーでしたが、モンダヴィ帝国の崩壊により現在はコンステレーション・ブランズとムートンによって経営されています。オークヴィルにそびえる白亜のワイナリーは総工費2900万ドル(当時のレートでなんと35億円!)。現在、元スタッグスリープ・ワインセラーズのマイケル・シラーチが醸造担当となり、以前より凝縮感を増した感があります。セカンドワインの「オーバーチュア」は本来ワイナリーのみでしか購入できないはずなのですが、なぜか日本でそれなりに流通。それでも希少価値は有り!

オーパス・ワンについての豆知識

ワイン名についてムートンのバロン・フィリップがモンダヴィに「Gemini」はどうかと提案したところ、モンダヴィはそれがアメリカで有名なゲイ雑誌だったために却下。

ヘレン・ターリー(Helen Turley)

  • 創業年:1990年
  • 所在地:アメリカ/カリフォルニア州/ソノマ・コースト
  • 銘柄:シャルドネ・マーカッサン・ヴィンヤード、ピノ・ノワール・マーカッサン・ヴィンヤードなど
turley-marcassin_1
2013年9月試飲

コルギン、ブライアント・ファミリー、パルメイヤー、ピーター・マイケルなど、数々のカルトワインを手掛けてきた「女帝」ことヘレン・ターリー。しかし、その神髄は彼女自身が夫とともにソノマ・コーストで経営する「マーカッサン(Marcassin)」です。ほとんど未開拓のソノマコーストにブドウを植え始めた1991年当時、この土地は涼しすぎて高品質なワインは造れないとみなされていましたが、シャルドネとピノノワールでブレーク。入手できるだけで有り難いカルトワインですが高い!

ヘレン・ターリーについての豆知識

現在ヘレン・ターリーは、自身のマーカッサン以外に、ソノマのマルティネッリとナパのブランキエ・パラダイス・ヒルズをコンサルティングしています。

スティーヴ・キスラー(Steve Kistler)

  • 創業年:1978年
  • 所在地:アメリカ/カリフォルニア州/ソノマ郡
  • 銘柄:キスラー・ヴィンヤード・シャルドネ&ピノ・ノワール、ダットン・ランチ・ヴィンヤード・シャルドネ、デュレル・ヴィンヤード・シャルドネ、オクシデンタル・ステイション・キュヴェ・キャサリン・ピノ・ノワールなど
kistler-noisetiers-2007_1
2014年8月試飲

マーカッサンほどレアではないにしても、カリフォルニアのカルト級のシャルドネとピノノワールの造り手として名を馳せるキスラー。ただ果実味の濃さと樽香だけではない、複雑味と洗練さを備えたワインを生みだします。1979年のファーストヴィンテージはわずか3500ケースの生産でしたが、現在は25000ケース以上になりました。それでも上級キュヴェは常にマニア垂涎の的。キャスリーン、エリザベス、キャンプ・ミーティング・リッジは超プレミアものです。

スティーヴ・キスラーについての豆知識

キスラーの超プレミアアイテムで紛らわしいのは、キュヴェ・キャスリーン(Cathleen)とキュヴェ・キャサリン(Catherine)。前者はシャルドネ、後者はピノノワールです。

ポール・ホッブス(Paul Hobbs)

  • 創業年:1991年
  • 所在地:アメリカ/カリフォルニア州/ソノマ郡
  • 銘柄:ベクストファー・トゥ・カロン・ヴィンヤード・カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ・ウォーカー・ステイション・シャルドネなど
hobbs-pn-2009_1
2014年7月試飲

ロバート・モンダヴィ、オーパス・ワン、シミなどのワイナリーで働き、コンサルタントとしても華々しい活躍を続ける醸造家ポール・ホッブス。1991年に自身の単一畑のワイン造りを目指します。そのフラッグシップがベクストファー・トゥ・カロン・ヴィンヤードのカベルネ・ソーヴィニヨン。カリスマ的ブドウ栽培農家のアンディ・ベクストファーからブドウの供給を受けることができるワインメーカーは限られますが、ホッブスはその一つです。現在コンサルタントとして、チリ、アルゼンチン、ハンガリーなどに活躍の場を広げています。

ポール・ホッブスについての豆知識

2003年から生産を始めたベクストファー・ドクター・クレイン・ヴィンヤードのカベルネ・ソーヴィニヨンは、トゥ・カロンに匹敵するクォリティ。2012年ヴィンテージはパーカーポイント98点で、ついにトゥ・カロンの97点を上回りました。

クリストム(Cristom)

  • 創業年:1991年
  • 所在地:アメリカ/オレゴン州/エオラ・ヒルズ
  • 銘柄:マージョリー・ヴィンヤード・ピノ・ノワール、ルイーズ・ヴィンヤード・ピノ・ノワール、ピノ・ノワール・マウントジェファーソンなど
cristom-mt-jefferson-2011_1
2015年3月試飲

オレゴンの造り手からも一つ挙げておきます。クリストムのワインメーカー、スティーヴ・ドナーはカリフォルニアのカレラに10年以上勤め、ジョシュ・ジャンセンの片腕として鳴らした人物です。ピノ・ノワールはオレゴンらしい果実味に富む一方、酸のバランスが絶妙で、飲む度に唸らされます。マージョリー、ルイーズ、ジェシー、アイリーンといった4つの単一畑によるピノノワールの他、マウント・ジェファーソンやソマーズ・リザーヴなどブレンドものもあります。この記事でご紹介している他の造り手に比べると安価な銘柄が多いのも魅力。

クリストムについての豆知識

オーナーのポール・ゲリーは前職はエンジニアでしたが、オレゴンで行われるピノ好きの祭典、ピノノワール・セレブレーションに参加し、ワイナリー設立を決めました。

スポンサーリンク

この記事の著者

管理人ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る