ボノー・デュ・マルトレ コルトン・シャルルマーニュ 1996

スポンサーリンク
  • 2015/5/18
  • 生産国:フランス
  • 地域 :ブルゴーニュ/コルトン・シャルルマーニュ
  • 年代 :1996
  • 造り手:ドメーヌ・ボノー・デュ・マルトレ
  • タイプ:白
  • 品種 :シャルドネ100%
  • 内容量:750ml

martray-corton-charlemagne_

テイスティングコメント

やや濃いめの色調。黄色を基調に黄金がかっていて艶と輝きを充分に感じる。第一印象から複雑性のある香り。よく熟した黄桃、ドライマンゴー、干しイチジクのような果実と、これだけの時を経てもしっかりと感じられる力強いミネラルのニュアンスが心地よい。スワリングすると、バニラ、ヘーゼルナッツ、カスタードなどの樽のニュアンスがバランスよく広がり、さらに複雑性を増して、香りの豊潤さを充分に感じることができる。熟成に由来するシェリーのようなニュアンスもある。味わいのアタックは非常に豊か。熟した黄色い果実のニュアンスが感じられ、酸味は力強くも全体に溶け込み滑らか。アフターにはアルコールのボリューム感、ナッツ、モカ、ミネラル、酸の広がりが長く続き、余韻は極めて長い。熟成具合も申し分なく期待通りの素晴らしさ。

ボノー・デュ・マルトレはコルトン・シャルルマーニュを代表する名高い作り手。ドメーヌのワインは全てグランクリュに格付けされており、グランクリュしか手掛けない稀有な存在。ぶどうの収穫量は抑えているので凝縮度は極めて高く、テロワールに由来する良質な酸と多量のミネラルと相まって、生産されるワインは全て頑強で長期熟成型です。白に比べると赤の評判がよくなかったのですが、1994年にジャン・シャルルの代になって以降、赤の品質も大きく向上しています。

「ボノー・デュ・マルトレ コルトン・シャルルマーニュ」と相性の良い料理の提案

  • オマールエビのポッシェ
  • カニクリームコロッケ
  • 平目のムニエル
  • 豚肉のソテー シャルキティエール
スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る