世界3大貴腐ワインとは

スポンサーリンク

貴腐ワインとは、ボトリティス・シネレアと呼ばれる菌(通称:貴腐菌)がブドウに付着することにより、水分が蒸発して糖分が凝縮したブドウから造った天然の甘口ワインです。ここでは「世界三大貴腐ワイン」と呼ばれる貴腐ワインについて、それぞれの特徴をご紹介します。いずれも偉大なワイン、手土産やプレゼントにもおすすめです。

スポンサーリンク



ソーテルヌ(Sauternes)

  • 産地:フランス・ボルドー地方
  • 品種:セミヨンなど
  • 価格帯:¥3,000前後(750ml)~
yquem-1987
2011年6月試飲

「ソーテルヌ」とはフランスのボルドー地方の一つの地区の名前です。隣のバルサック地区を含め、この地区は、朝は霧で湿度が高いため貴腐菌が繁殖しやすく、逆に午後になると乾燥しブドウの水分が蒸発しやすいという、貴腐ワインの生産に極めて向いた地域。とは言え、ソーテルヌにはさまざまなシャトーがあり、一つのシャトーの中でもファーストワインとセカンドワインがあったりするので、個人的には「世界三大貴腐ワイン」と呼ぶには「ソーテルヌ」は広すぎるというのが実感です。一部では、ソーテルヌの最高峰「シャトー・ディケム」が世界三大貴腐ワインの一つと言っている方もいるようですが、ソムリエ協会の教本的にはそれは正しくありません(※それでは逆に狭すぎます)。それでも「世界三大貴腐ワイン」の一つが、3000円程度から購入できて、その選択肢の幅が広いのは有り難いとも言えるでしょう。

トロッケンベーレンアウスレーゼ(Trockenbeerenauslese)

  • 産地:ドイツ
  • 品種:リースリングなど
  • 価格帯:¥5,000前後(※500ml換算)~
trockenbeerenauslese
2011年11月試飲

ドイツの甘口ワインの規定はユニーク且つ複雑ですが、簡単に言うと、ワインに含まれる糖度が基準になります。生産される地域やブドウ品種は問いません。さまざまな等級があるのですが、貴腐ワインは「ベーレンアウスレーゼ」と「トロッケンベーレンアウスレーゼ」の2つで、「トロッケン~」が最高峰、つまり最も甘いワインです。規定では甘いワインほどアルコール度数は低くてもよいことになっており、規定では「トロッケンベーレンアウスレーゼ」は「5度以上」ですが、実際は10度以上のものが多いです。それでも他の国の貴腐ワインに比べると低いと言えるでしょう。ちなみに「トロッケン(trocken)」は英語で「dry」のこと。非常に紛らわしいのですが、辛口ワインのことはただの「Trocken」と言います。「トロッケンベーレンアウスレーゼ(Trockenbeerenauslese)」に含まれる”Trocken”は、「dry」の「乾燥した」という意味のほうで、貴腐ブドウの表面が乾燥していることを意味します。また、「トロッケンベーレンアウスレーゼ(Trockenbeerenauslese)」は略して「TBA」とも呼ばれます。

トカイ・アスー・エッセンシア(Tokaji Aszú Eszencia)

  • 産地:ハンガリー(トカイ・ヘジアリャ地方)
  • 品種:フルミントなど
  • 価格帯:¥10,000前後(※500ml換算)~
tokaji-aszu-esszencia
2012年4月試飲

「アスー」とは「蜜のような」という意味で、多少なりとも貴腐菌の付いたブドウの粒を選別し、それから造られるワインを指します。選別されたブドウは「プットニョス」と呼ばれる桶で醸造所に運ばれ、いくつの桶の貴腐ブドウを使ったかによって、3プットニョスや6プットニョスなどとワインに明記されます。そして7~8プットニョスに相当する貴腐ブドウを使い、5年以上熟成させたものが「エッセンシア(=エッセンス)」と呼ばれる、ハンガリー貴腐ワインの最高峰です。特筆すべきは、アスー・エッセンシアに含まれる残糖の最低規定が「180g/L」ということ。これは凄いことで、トロッケンベーレンアウスレーゼの場合は「150g/L」、ソーテルヌには規定はありませんが、最高峰のシャトー・ディケムが150g/L前後と言われているので、三大貴腐ワインの中で規定上はエッセンシアが一番甘いことになります。さらに凄いことに、アスー・エッセンシアよりも上位の規定の「ナトゥール・エッセンシア」と呼ばれるものも存在し、これはなんと「250g/L」ですが、なかなかお目にかかることはありません。

スポンサーリンク

この記事の著者

サイト管理者ソムリエ

1972年生まれ、東京都出身、フードコーディネーター。2001年にJSA認定ソムリエ、2003年にチーズプロフェッショナル、2007年にシニアソムリエ、2014年に野菜ソムリエを取得。仕事込みで年間に平均約500本のワインを試飲しています。
■ 姉妹サイト:ワインと料理のマリアージュ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

スポンサーリンク

プレゼントにおすすめ

Facebook

ページ上部へ戻る